メニュー

飛蚊症の治療

見え方に異常があれば早期受診を!

飛蚊症とは

明るい所や白いもの、青空を見た時に、目の前に糸くずやアメーバのような「浮遊物」が見える症状を飛蚊症(ひぶんしょう)と呼びます。視線を動かしても一緒に移動してくるように感じます。「浮遊物」の数や形、大きさは様々で、まばたきをしても目をこすっても消えない特徴があり、暗い所では気にならなくなります。

飛蚊症は、ほとんどの場合は加齢に伴う生理的なもの(病気ではない)で、初期の段階は多少うっとうしく感じますが、そのうち時間の経過とともに少しずつ慣れていくため、特に心配はありません。しかし、早期に治療を必要とする病気の前兆の可能性もあるので、飛蚊症を自覚したら一度受診することをお勧め致します。

飛蚊症の症状について

以下のような症状はありませんか?

  • 視界にゴミのような浮遊物が見える
  • 視界の中の黒い点や範囲が急に増えた
  • 視野の一部が欠ける
  • 急に視力が下がり、見えにくくなった

当てはまるものがある場合、飛蚊症または早期に検査が必要な病気の可能性があります。

飛蚊症の原因について

目の中の大部分は、硝子体(しょうしたい)と呼ばれるゼリー状の透明な物質がつまっています。この硝子体に何らかの原因で”濁り”が生じ、明るいところを見ると浮遊物が飛んでいるように見え、飛蚊症を自覚します。飛蚊症は加齢などによる生理的なもの(病気ではない)と網膜裂孔(もうまくれっこう)や網膜剥離(もうまくはくり)などの病的なものに分かれます。そのため、飛蚊症に気がついたら、その原因が生理的なものなのか、病気なのかをご自身で判断せず、眼科で検査を受けましょう。

生理的な原因

加齢によるもの

飛蚊症の大半の原因は加齢です。年齢を重ねると硝子体が萎縮し、濁りが生じやすくなります。いわゆる老化現象です。また、若くても、強度の近視をもっていると飛蚊症になることがあります。

生まれつきによるもの

母体にいる胎児の頃、眼球が作られる過程では硝子体に血管があります。通常、眼球が完成すると無くなるのですが、血管のなごりが残存する人もおり、飛蚊症の症状が起こります。

病的な原因

網膜裂孔(もうまくれっこう)・網膜剥離(もうまくはくり)

網膜に穴があいてしまう「網膜裂孔」や網膜がはがれてしまう「網膜剥離」が原因となって発症することがあります。進行すると視力低下や視野欠損が発生し、放置しておくと失明の可能性も出てきますので適切な治療が必要です。
また、近視が強い方は眼球の長さが普通より長いために網膜に薄く変性した部分ができやすくなります。そこから網膜裂孔が生じることもあるため、近視の方で飛蚊症を自覚した場合は、早めの眼底検査をおすすめ致します。

硝子体出血(しょうしたいしゅっけつ)

糖尿病、高血圧、外傷、網膜裂孔によって目の硝子体の中で出血することがあります。悪化すると目の中に霧がかかったような、または墨汁がかかったような見え方をします。出血が少ない場合は自然に治ることもありますが、多い場合は手術が必要となります。
糖尿病や高血圧の場合は、その病気そのものをきちんと治療していくことが大切です。

ぶどう膜炎(ぶどうまくえん)

ぶどう膜という部分に、細菌やウイルスが進入したり、目のアレルギー反応により炎症が起こると、硝子体にも濁りが生じて飛蚊症がひどくなります。炎症がひどくなると浮遊物が増加し、視力が低下します。炎症を抑えるための内服薬や点眼薬で治療します。

飛蚊症の治療法

生理的な原因による飛蚊症であれば症状は軽く、病気ではありませんので放置していても構いません。ただし、きちんと検査を行い、「網膜剥離」「網膜裂孔」など隠れていないかを検査をすることが大切です。

病気が原因のものに関しては、原疾患の治療が必要となります。
網膜裂孔はレーザー治療が必要になりますが、飛蚊症は消えません。
網膜剥離を生じた場合はレーザーでは対応できないため、網膜剥離に対する手術が必要となります。

飛蚊症を初期症状とする病気は、いずれも早期治療が重要です。見える「浮遊物」の数が増えたり形が変わったり、視力が落ちるようであれば直ちに受診して検査を受けてください。その際は、瞳を開くお薬(散瞳薬)を点眼して検査を行います。
検査後数時間は見え方がぼやけますので、お車での来院は控えていただきますようお願い致します。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME