メニュー

緑内障の治療

早期発見・早期治療・継続的な治療が大切です

緑内障とは

緑内障とは何らかの原因で目の奥にある視神経が障害され、視野(見える範囲)が狭くなる疾患で、眼圧(眼球内圧)の上昇がその病因の一つと言われています。視神経乳頭(視神経が眼球に入る部分)の構造が弱い人では、眼圧が正常でも緑内障を発症することがあります(正常眼圧緑内障)。病気の進行とともに視力は低下し、最悪の場合は失明に至るケースもあります。

日本緑内障学会の行った大規模な調査(多治見スタディ)によると、40歳以上の20人に1人が緑内障と推定されており、気がついているのはその内の10%程度と言われています。病気が進行するまで自覚症状が現れにくいのが特徴なので、40歳を過ぎたら一度検査を受けることをおすすめします。

緑内障の症状

  • 視野が欠ける

緑内障を治療しないままに放置しておくと、多くの場合はゆっくりと視野の異常が進行していきます。初期の緑内障では、わずかな視野異常があっても両眼で補い合うため、自覚症状が無いこともあります。視野障害が進行した場合は、視力が低下したり、場合によっては失明したりすることもあります。そのため、自覚症状の無い早期のうちに診断を受けて治療することが大切になります。

緑内障の検査

視力検査、眼圧検査、眼底検査、OCTによる視神経の解析、視野検査などを行います。

緑内障の治療

緑内障の治療は、眼圧を下げて視野を維持することが基本になります。治療としては薬物療法、レーザー治療および手術があります。

多くの緑内障では、点眼薬による薬物療法が第一選択となります。緑内障のタイプ、眼圧、他の病気の有無などに応じて処方し、一種類の目薬だけで効果が少ないと判断された場合は複数の点眼薬を組み合わせて処方します。薬物療法で十分眼圧が下げることができない場合や視野の悪化を抑えられない場合には手術が必要になります。

手術が必要となった場合には、連携病院をご紹介いたします。手術後のアフターケアに関しては、当院でしっかりと行っていきますのでご安心ください。
なお、急激に眼圧が上昇した場合(急性緑内障発作)では目の痛みや頭痛、かすみ目、充血、吐き気などの激しい症状を起こします。このような場合は、急速に視野が悪化していきますので、連携病院と協力して迅速に対応いたします。

当院での取り組み

緑内障は患者様の自覚症状が乏しいことや治療効果を実感しにくいことなどから、継続して長期管理することが難しい病気です。
当院ではしっかりとした治療を継続していただくための独自の診療プログラムを行っています。

  • 緑内障の病態や治療の必要性のご説明(パンフレットやDVDを視聴していただきます)
  • 長期的な治療・検査のスケジューリング
  • 検査ごとに眼圧値や視野の結果をお伝えし、治療効果を患者様と共有

など。

患者さまご自身にも自分の目は自分で守るという自覚を持っていただくのはもちろんのことですが、我々スタッフも最大限のサポートをいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME