メニュー

加齢黄斑変性症の治療

加齢性黄斑変性症とは

加齢により、網膜の中心部である黄斑に障害が生じ、ものがゆがんで見えたり、ぼやけて見えたり、見たい部分が黒く見えたりします。欧米では、50歳以上の視力低下原因の上位を占める疾患で。日本においても高齢者人口の増加や、 生活習慣の欧米化に伴い、患者数が増えています。

加齢性黄斑変性症の症状

  • ものが歪んで見える
  • ものがぼやけて見える
  • 見ているものの中心が暗い、欠けて見えない
  • 見たい部分が黒く見える
  • 色の区別がつきにくい

加齢性黄斑変性症の治療

当院では、OCT(三次元光干渉断層計)や眼底カメラなどの精密検査を行い診断いたします。治療が必要と判断した場合は、 速やかに連携病院にご紹介しています。治療は主に、抗血管新生薬療法や光線力学的療法(PDT)を行います。術後経過は当院でフォローいたします。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME